25平米の今のルームでミニマリストになりたい

今の家は25平米。ここでミニマリストに恋い焦がれる。
間もなく亭主が家具をロッカーに移してくれるから、そしたら家具置きが鎮まる。
私の家具は、ジャンパーが1枚、ジーパンが1本、短パンが1枚、Tシャツが2枚、
それから、トレーナーが1枚。それだけで良い。あとワンピース2枚。
これだけで十分だよ。ミニマリストです。
夏場と冬季をこれで兼用望める。
あとは、冷暖房はクーラー。4時期前のニューバリエーションです。嬉しい。
去年は暖冬で、助かったな。
カーテンは2重。寒いから冬は。
それから、それから、ベッドと席のみ。ホールには、
あとは、所属書。郵便で送ってもらったカタチ。キャプチャーする必要があるカタチ。
それらのシートをまとめておいておきたい。所属書はセールスに取り扱うから。
シートは、現時点、三段ボックスのマキシマム下に収まって要る。
亭主がいると、家具が増えて仕方ないよ。ずっとモノをコレクトするから。
実際差し障りです。こちらはストレスになるのに、亭主はモノに囲まれて暮らしたい。足脱毛

今朝ディナーと昨日のゆうディナーのカリキュラム

今朝ご飯は、高級そうなちっちゃなちくわふたつにマヨネーズをかけたカタチと、キュウリのミソのせと、もらいものの溶解したメンタイコと、でした。高級そうなちっちゃなちくわふたつにマヨネーズをかけたものは練り物が苦手な自身でもおいしく食べられる味覚になっています。キュウリのミソのせは以前には、午前のテーブルに毎日のように並んでいたカタチでした。いつからか、ちらっと見なくなりました。久しぶりに見たので上手く食べられました。いただきものの溶解したメンタイコは今日、毎日の午前のテーブルで見ます。それでも、これに関しては、不思議な面に、相当あきがきません。3切れお皿に並べてありました。おかげでご飯を2杯なかばおかわりしちゃいました。おいしかっただ。
 そして、昨日のディナーは、ホウレンソウのおひたしのカツオブシかけたカタチと、カボチャの煮付けと、ブリの照り焼きとでした。ホウレンソウのおひたしのカツオブシをかけたものは普通は醤油をかけて採り入れるのですが、今回は醤油をかけずにカツオブシはかけているものの、お話自身の味覚を頂きました。カボチャの煮付けは冬至の縁起物として食べました。ブリの照り焼きは白いご飯とメチャメチャマッチしていました。ご飯を2杯もおかわりしました。そのうちの1杯歯パリパリの拍子をまいて、おにぎりみたいにして食べました。ブリの照り焼きの甘さと香ばしさが口一杯に広がっておいしかっただ。ブリの照り焼きを食べ終えた後のお皿には、ブリの照り焼きをした時に来る甘辛のたれが残っていました。そのタレを拍子に付けて、更に、なかば杯おかわりしたご飯を巻いて食べました。おいしかっただ。金 を 借りる に は